« しおひガールズ ボンゴレビアンコ(しがぼび) | トップページ

イベントID 4101「ディスプレイ ドライバー nvlddmkm が応答を停止しましたが、正常に回復しました。」が夜間モードオフで解消したらしい

Windows 10 v.1909、GeForce Game Ready Driver v.445.87の環境で、いきなり画面が固まって、回復する障害が頻発します。
障害時にイベントログにID:4101「ディスプレイ ドライバー nvlddmkm が応答を停止しましたが、正常に回復しました。」が記録されます。

夜間にPCを使っていると、障害からの回復時に夜間モード(画面が黄色っぽくなる機能)が解除されます。ディスプレイドライバと夜間モードの相性が悪いのか?と思い、試しにWindows 10の夜間モードをオフにしたところ、この障害が解消しました。もう連続10日以上、障害は発生していません(夜間モードは[設定]>[システム]>[ディスプレイ]>[色]で設定できます)。

今まで、ディスプレイドライバのクリーンインストール、Windows 10のクリーンインストール、Driver Fusionによるドライバ完全削除からのディスプレイドライバ再インストール、(ネットでググると出てくる)ディスプレイドライバの設定変更等、試行してきましたが効果がなく、画面が固まっていました。

もうPC自体を買い替えて、固まるNVIDIAより安定したIntel HD Graphics(内蔵GPU)に移行した方がいいんじゃないかと思っていましたが、これで安定するなら数年は今のPCを使えそうです。

 

追記:検証のため夜間モードを再度オンにしてみたが、数日経っても画面が固まる障害が起きない。障害が起きないのは良いことだが、何が障害の原因なのか分からなくなってしまった。 と思ったら、夜間モードオンだとイベントID:4101の障害が再発する。やはり、夜間モードはオフにする運用に戻した。

« しおひガールズ ボンゴレビアンコ(しがぼび) | トップページ

パソコン・インターネット」カテゴリの記事


2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

広告

無料ブログはココログ

プライバシーポリシー