« ㈱オカムラ Baron[バロン] ひじ掛け(肘パッド)交換修理しました | トップページ | 1/3の円高で売られたのは米ドルより豪ドル »

Inside_Bar.mq4で「はらみ足」を見やすくするため改修してみる

Inside_Bar.mq4をMT4でFX [インディケーター検索I]でダウンロードしたのだけど、はらまれた足にラインを引く仕様だった。はらまれた足の高安からのブレイクアウト戦略として使うようだ。


その戦略はアリだが、はらみ足の中はトレンドが出にくいし、個人的にちょっと使いにくい。
↓ダウンロードしたオリジナルのInside_Bar.mq4の表示
Inside_barmq4ori

これを
  (1)はらんだ足にラインを引く
  (2)終値がラインの上下を抜けた時点で「はらみ」終了と判定する(ヒゲは無視)
  (3)「はらみ」が入れ子になったら一番外側の「はらみ」を終値が抜けるまで内側の「はらみ」を無視する
ように改修してテスト中。

オリジナル版がマルチタイムフレーム対応なのだけど、思いつきでササッと改修したのでマルチタイムフレームで動作させるとArray out of rangeでコケる。
ということで、
  (4)マルチタイムフレーム対応は使わないので外す
という改修を加えてテスト中。とりあえずは使えているっぽい。

↓改修後のInside_Bar.mq4の表示
Inside_barmq4kai

« ㈱オカムラ Baron[バロン] ひじ掛け(肘パッド)交換修理しました | トップページ | 1/3の円高で売られたのは米ドルより豪ドル »

投資」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Inside_Bar.mq4で「はらみ足」を見やすくするため改修してみる:

« ㈱オカムラ Baron[バロン] ひじ掛け(肘パッド)交換修理しました | トップページ | 1/3の円高で売られたのは米ドルより豪ドル »


2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告

無料ブログはココログ

プライバシーポリシー