« BLUE DROP 3話 Datura | トップページ | WILLCOM 10月契約数2万3100の純減 »

やっとかめ探偵団 4話 誰もいない部屋の叫び(前編)

観る以前に切っていたが,波川舞(cv.後藤邑子)の声が評判いいので試しに視聴してみた.
確かに中の人の喋る名古屋弁が聴けるのはここだけだし,あの声で12歳の少女役ときてる.一度,聴いてみる価値はあると思う(本当か?).

ただ,中の人の甘い声だと名古屋弁より三重弁で聴いてみたい気はしますね.昔,三重弁の女の人と喋った時に「三重弁も,これはこれでイイ!」と思ったことがあるので,あの声質だとより萌えると思うのですよ.

この番組,全編にわたり名古屋弁で構成されているので,公式サイトの「日本語訳」を見ないと判らない単語があった.わたしも一応地元の人間なんだが...

« BLUE DROP 3話 Datura | トップページ | WILLCOM 10月契約数2万3100の純減 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110761/16978921

この記事へのトラックバック一覧です: やっとかめ探偵団 4話 誰もいない部屋の叫び(前編):

« BLUE DROP 3話 Datura | トップページ | WILLCOM 10月契約数2万3100の純減 »


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告



  • banner


  • にほんブログ村 アニメブログへ

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

  • サイト内検索

  • 人気ブログランキングへ

  • PINGOO!カテゴリアニメ・漫画

無料ブログはココログ