« コミック ARIA 11巻 | トップページ | やっとかめ探偵団 4話 誰もいない部屋の叫び(前編) »

BLUE DROP 3話 Datura

設定とかの情報無さ過ぎで,いまいちストーリーをつかめないまま視聴している.異星人側の設定がほとんど入手できていないのが困るな.
おそらく,視聴者を若竹マリ(cv.矢島晶子)と同じ「訳が分からない」立場に置いて「真実を自分で掴み取れ」というのが制作側の意図なんだろうけど,こうも放置されっぱなしの状態じゃあなあ.
もしかして原作買って予習しておかないとダメなのか?

多分,いろいろなことが分かってきてから,あらためて1話から見直すと面白いんだろうけど,そんな時間取れないと思う.
ま,各方面で作品の評価は高いので,しばらく見続けることにする.

« コミック ARIA 11巻 | トップページ | やっとかめ探偵団 4話 誰もいない部屋の叫び(前編) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BLUE DROP 3話 Datura:

« コミック ARIA 11巻 | トップページ | やっとかめ探偵団 4話 誰もいない部屋の叫び(前編) »


2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

広告

無料ブログはココログ