« 給与明細 アキバ2.0 その2 | トップページ | 近鉄電車よケチらず冷房くらい入れてくれ »

ヒロイック・エイジ 5話 ノドス

前話あたりから「銀の種族×鉄の種族(人類)」という単純な話になってきた.それでも視聴しながら物語に感情移入できないでいる.
何か登場人物が薄っぺらいんですよ.印象に残らないというか.見てくれは「すらっ」としていて良いのだけど,個性が感じられない.皆が皆,一様に見た目がいいから印象に残らないのか?と思ったが,例えばCLAMPがキャラデザを担当した「コードギアス 反逆のルルーシュ」では,キャラのほとんどにおいて見た目が良かったのに,見た目や声を聞くだけでも「いい人そう」とか「こいつは悪者だな」という個性をうかがわせるものがありました.それが「ヒロイック・エイジ」に出てるキャラには感じられない.それは作品として残念なことではないかな.

それに異質な外観の「青銅の種族」の扱いも酷い.武器を持っていたり,戦闘時に編隊を組むことから,ある程度の知識レベルがあり,コミュニケーションをとる手段も持っていることが想像できる.それなのに画面内の彼らにはセリフが字幕で出たりすることがない.あくまで「銀の種族」の戦闘員(雑魚キャラ)として存在するだけである.奴らだっていろいろ言いたい事はあるだろうに.一応「黄金の種族」にそそのかされて宇宙に出た種族の一つなんだからさ.

何か惹きつけるものを出してくれないと視聴を続けるのが苦痛になってきそうな作品だな.

« 給与明細 アキバ2.0 その2 | トップページ | 近鉄電車よケチらず冷房くらい入れてくれ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告



  • banner


  • にほんブログ村 アニメブログへ

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

  • サイト内検索

  • 人気ブログランキングへ

  • PINGOO!カテゴリアニメ・漫画

たのしくうさぎまるtwitter分室

  • たのしくうさぎまるがtwitterでつぶやいています
無料ブログはココログ