« トラックバック返しは必要ない | トップページ | やはり危機に瀕していたIT業界の「モラル」:ITpro »

日本にも敵基地攻撃力は必要だ

イザ!:安倍晋三官房長官「いちいちコメントしない」 韓国大統領見解に-政治もニュース

極東地域の現状をみれば,「敵基地攻撃能力の保有」は積極的に行うべきだ.
隣国が「侵略主義」とか騒いでも,それ以上に何か出来るわけでないので聞き流せばいい.逆に隣国に何か言われて「はい,そうします」と考えも無く従うような政治家や官僚がいたら窓から投げ捨てるべきだ.そんな連中は日本には必要ない.国の進むべき道筋を自分で考えられる人間が必要なのだ.

何しろ隣国には,日本に向けられた核ミサイルだってあるしね(しかも日本の金(ODA)を流用して作ったとか作らないとか言われてるし).それに比べたら今の自衛隊の装備は,国を自衛するにはあまりに弱すぎる.通常兵器レベルで揃えておく位のことはやっておいた方がいい.そうなると,いずれ自衛軍への昇格も必要になるだろう.
こういうものは,攻撃されてから買っても手遅れなので,(何年もかけて)事前に準備しておかないといけないものだ.なにしろ国連の常任理事国にはろくでもない国が入っているから,国連はいざというときに役に立たない(でも,日本も常任理事国になる資格は無いけど.ああ,金で常任理事国が買えるわけでないのなら,国連に多くの金を払う必要も無いよな).米国も最近は中国を大切にしている.そろそろ,誰が味方で,誰が敵かしっかりと判断すべきでないか?いくら金をばら撒いたところで「貰えるものは貰っておくが,だからといって日本の味方になった覚えはねえ.」と言われるのが国際常識だからな.だいたい,恩とか情なんてのも最近の日本人にすら通じないだろう?

防衛力増強が「専守防衛」の原則には反するのは分かっている.隣国との対話や関係改善だけで済めばそれでいい.揃えた兵器が無駄になるが,使わなくて済めば結果的にはそれが一番いいのだ.兵器を揃えるのは最悪のシナリオを隣国が選択した際に日本国民を守るためだ.そのシナリオを選択するのは隣国の指導者で,専守防衛の日本はそれに対応した準備をするしかない.日本が攻撃される確率が十分に見込まれる以上,攻撃力の保持は正当化されていいだろう.
隣国との対話や関係改善は外交の手段の一つに過ぎない.隣国との対話や関係改善ですべてが解決できると思うなら,そいつは外交に向いていない.相手はいろいろな手を使ってくることは分かっている.だから,こちらの手持ちのカードもそれにあわせて揃えておく必要がある.

野党は隣国との対話や関係改善で解決できると言っているが,実際に隣国とは領土問題すら何一つ解決していないではないか.北方領土,竹島,尖閣諸島.最近は,沖ノ鳥島も含めた方がいいな.しかも,竹島,尖閣諸島に関して言えば,隣国の上陸を許してしまっているという失態ぶり.「侵略」を叫ぶ隣国こそが侵略してきているのに,排除する手立てが日本には無い.野党連中は,話し合いで解決できるというならとっととやってみろ.既に実力行使をされているのだ.自衛隊を海外に送っている時じゃないだろう.自衛隊には日本を自衛する本来の仕事をさせるべきだ.

マスコミは攻撃力保持はもってのほか,という論調だが,これは「兵器買うのがもったいないから,攻撃されたら日本国民死んでいいよ」って言いたいのか.まあ,実際攻撃されたら「アメリカに頼ってばかりで,なんで防衛力を増強しないのか?」と政府や防衛庁を叩くんだろうけどね.言いたいこと言ってもマスコミは責任取らなくていいからいいよね.テロップ差し替えて捻じ曲げた報道しても謝れば済んじゃうし.

« トラックバック返しは必要ない | トップページ | やはり危機に瀕していたIT業界の「モラル」:ITpro »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110761/15387966

この記事へのトラックバック一覧です: 日本にも敵基地攻撃力は必要だ:

« トラックバック返しは必要ない | トップページ | やはり危機に瀕していたIT業界の「モラル」:ITpro »


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告



  • banner


  • にほんブログ村 アニメブログへ

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

  • サイト内検索

  • 人気ブログランキングへ

  • PINGOO!カテゴリアニメ・漫画

たのしくうさぎまるtwitter分室

  • たのしくうさぎまるがtwitterでつぶやいています
無料ブログはココログ