« しにがみのバラッド。 3話 ひかりのかなた。 | トップページ | びんちょうタン 7話 ラムネとりんごあめびん »

タクティカルロア 11話 花

10話 ボトムラインからストーリー性を出してきてちょっと持ち直してきた感があります.今まではあからさまにエロか萌えに走っていて,ストーリーは二の次という感じだったし.
同じ自衛隊協力の「よみがえる空」が萌え要素を無くしてストーリーで勝負してくる分,タクティカルロアに対する評価が厳しくなるのは仕方ないですし.

深水さんご(cv.植田佳奈)は普通のアニメなら見た目も声も正統派ヒロインというキャラクターなのだけど,親友(同僚)笹原櫻(cv.日笠山亜美)の殉職での動揺っぷりがちょっとオーバー過ぎだね.

アバンで傾いた艦船を曳航する場面.演出が弱いです.艦船が傾いている描写は3秒程度しかなかったし,画面の中心で描かれていなかったので関心が向きにくい.サイレンの後でワイヤーが引っ張られる描写も,右に傾いた艦船を左前から描いてしまったので傾いている感じが伝わりにくい.さらに曳航時,艦船を横から描いたので傾いているように見えない.
改善するなら曳航開始時のシーンは,艦船の左前からでなく,逆の右前から画面に向かって倒れこんできそうな艦船を描いたほうが洋衛軍のダメっぷりも視聴者に印象付けやすかっただろう.それから,曳航開始時に引っ張られた海中のワイヤーが「ざばーっ」と上がってくる描写も欲しかったね.

伏線の慶良間駐屯地の爆破について,美咲七波(cv.中原麻衣)と陸待クニオ(cv.乃村健次)の会話や阿古屋姉妹の会話にちらっと出てきましたが,これは1話で説明しておくべきでしたね.そうすれば,視聴者も出演者と同じ「犯人を追いかけるという」目的を共有できるので感情移入もしやすかった.

ハクビ(cv.能登麻美子)の声はキャラデザにあってません.冷酷そうな印象のキャラにふわふわの声はねえ.試みとしては面白いけど.

Bパート最後EDにのせながら修羅場に突入.かしましも10話 小さな嵐の最後で修羅場に突入したし,それぞれ盛り上がってきています.次回は久々のエステレーラ・シャルディンマールが登場.

« しにがみのバラッド。 3話 ひかりのかなた。 | トップページ | びんちょうタン 7話 ラムネとりんごあめびん »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110761/9814856

この記事へのトラックバック一覧です: タクティカルロア 11話 花:

« しにがみのバラッド。 3話 ひかりのかなた。 | トップページ | びんちょうタン 7話 ラムネとりんごあめびん »


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告



  • banner


  • にほんブログ村 アニメブログへ

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

  • サイト内検索

  • 人気ブログランキングへ

  • PINGOO!カテゴリアニメ・漫画

たのしくうさぎまるtwitter分室

  • たのしくうさぎまるがtwitterでつぶやいています
無料ブログはココログ