« T43p 拡張クーリエサービス4年到着 | トップページ | @niftyでwebページ更新通知のメールが届かない »

IBM DJNA-372200死亡

99年3月製造.PentiumIII 500MHzと一緒に買ったもの.
現在は評価機のプライマリスレーブで使用中.ガッ.ガッと鳴き続け,起動時にBIOSで認識されないことから基盤の方が逝ったらしい.逆に逝ったまま床に放置していたWD800JB(2002年4月製造)を接続するとなぜか認識されるので,取り付けてみる.

もともと評価機は,プライマリマスターにHDS722580VLAT20,スレーブにDJNA-372200の構成だったが,BIOSからは両方とも見えなかった.DJNA-372200を外すとHDS722580VLAT20がBIOSに認識されるようになった.
取り付けたWD800JBの動作はかなり変だ.IDE40芯のケーブルを使っているのにCS(ケーブルセレクト)でないとBIOSに認識されない.MasterやSlaveだとBIOSから見えない(Noneになる).
WD800JBの変な動作のとばっちりで評価機の最終的な構成は,
プライマリ マスター HDS722580VLAT20
プライマリ セカンダリ RICOH MP5125A
セカンダリ マスター WD800JB
セカンダリ セカンダリ None(接続せず)
とした.

« T43p 拡張クーリエサービス4年到着 | トップページ | @niftyでwebページ更新通知のメールが届かない »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IBM DJNA-372200死亡:

« T43p 拡張クーリエサービス4年到着 | トップページ | @niftyでwebページ更新通知のメールが届かない »


2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

広告

無料ブログはココログ

プライバシーポリシー