ForexTester4(FT4)アップグレード版購入しました

ForexTester2(FT2)からのアップグレードで5,399円(キャンペーン価格、税込み)。無料データ(Basic)サービスです。
MT4のインジケーター(mq4)をForexTester用のdllに変換して使える機能や、水平線の同期機能に期待して購入しました。

買ってから気付いたこと

  • チャートへの経済指標表示は米国だけ。他国の指標を表示できるのは有料のみ(スタンダードサービス以上)。
  • mq4を変換したときのインジケーター名はmq4のファイル名でなく、IndicatorShortNameから名称を引っ張ってくる。なので、インジケーターが変換されたのにFT4でインジケーターの名称が見つからないと勘違いした。変換されたインジケーターは全部[カスタム]に入る。FT4側のインジケーター名を合わせるため、mq4側のIndicatorShortNameを書き換え中。
  • mq4の変換は単純なものしかできない。自作の簡単なラインを表示する程度のインジケーターなら変換できました。しかし、faiさんが作成したSwingpointViewJ.mq4は複雑と判定されたのか変換できませんでした。自分用にカスタマイズしているから、変換できたら良かったのだけれど。
  • FT2から設定を引っ越しする機能が便利だった。[ファイル]>[プロジェクト/テンプレートをインポートする]からFT2のインストールフォルダを指定すると取り込んでくれる。ただし、複数回実行してしまうと、問答無用でファイルを上書きされるので困る。上書きしていいか一声掛けてくれ。
    20190701
  • mq4の変換時にmq4ソースのR,G,Bのカラー指定は正しく変換できなかった。webカラー名は正しく伝わる。
  • ユーザーガイド(PDF)とForexTesterヘルプはFT3用のまま(v.4.0.0.31(2019.06.24))。
  • テストの一時中断はSHIFTキー(FT2)からPauseキーに変更(キーアサインは変えられるがSHIFTには戻せない)
  • キーアサインが変えられるので「全ての描画を削除(Ctrl+A)」はNoneに変えた。押し間違いが危険すぎる。
  • 水平線のコピーは便利だけど、チャート内で水平線をコピーしたときは同期されない。色やタイムフレームの設定も含めて水平線をコピーしたいので同期されないと不便。

BAL(大橋産業) 自動充電器 1736 故障(白煙+発熱)

4週間毎にバッテリーを充電してきましたが、購入から5年2ヶ月で本体と充電ケーブルから白煙を上げて炎上直前の状態になりました。
電源ケーブルを差し込んで、充電モードを選択してから数十秒ほどで焦げ臭いにおいと白煙が出てきました。発見が遅れたらヤバかった。
白煙を上げ、くすぶっていた充電ケーブルが樹脂バンパーを溶かしながら切り込んで行くのを見て、慌てて充電ケーブルを引き剥がそうと素手でつかんでしまい指先を火傷しました。
充電開始直後だったせいか、バッテリーの方はなんともなかったです。

↓溶け落ちた充電ケーブル
Img_0080Img_0075

後継機としてMeltec(メルテック)バッテリー充電器 SC-1200に買い換え。

楽天店舗の広告メールを止める設定(@nifty webメール)

楽天の店舗からの広告メールをwebメールの[迷惑メール対策設定]の受信拒否条件でフィルタリングします。
楽天のポイントキャンペーンメールをクリックしたり、楽天で買い物すると店舗から送られてくる広告メールをいちいち停止するのは面倒なので全部メールフィルタで削除します。
楽天本体からの広告メールは送信元アドレス(from)が固定なので受信拒否しやすいですが、店舗の広告メールは送信元アドレスが不特定なのでメールヘッダを使ってフィルタリングします。
楽天のシステムから送信される店舗毎の広告メールは、メールヘッダーに「R-(なんちゃら)」というヘッダーが付加されているので他のメールと区別できます。なお、Gmailのフィルターはメールヘッダーをチェックできないので、この手は使えません。

 

1.受信拒否条件で以下の条件を追加します。

優先順位 最後
対象 (新規ヘッダー) 、ヘッダー名には「Keywords」
キーワード/値 R-Mail
条件 の文字を含む
動作 拒否する
適用 適用する

 







を入力して[追加する]をクリックする。
↓こんな感じで入力。
Photo_13

 

2.「拒否条件を追加・編集しました。変更を反映するには「設定する」ボタンを押してください。」とメッセージが表示されるので、一番下にスクロールして[設定する]ボタンをクリックする。

«MT4の1分足ヒストリカルデータをForexTester2(FT2)に追加する


2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告

無料ブログはココログ

プライバシーポリシー