イベントID 4101「ディスプレイ ドライバー nvlddmkm が応答を停止しましたが、正常に回復しました。」が夜間モードオフで解消したらしい

Windows 10 v.1909、GeForce Game Ready Driver v.445.87の環境で、いきなり画面が固まって、回復する障害が頻発します。
障害時にイベントログにID:4101「ディスプレイ ドライバー nvlddmkm が応答を停止しましたが、正常に回復しました。」が記録されます。

夜間にPCを使っていると、障害からの回復時に夜間モード(画面が黄色っぽくなる機能)が解除されます。ディスプレイドライバと夜間モードの相性が悪いのか?と思い、試しにWindows 10の夜間モードをオフにしたところ、この障害が解消しました。もう連続10日以上、障害は発生していません(夜間モードは[設定]>[システム]>[ディスプレイ]>[色]で設定できます)。

今まで、ディスプレイドライバのクリーンインストール、Windows 10のクリーンインストール、Driver Fusionによるドライバ完全削除からのディスプレイドライバ再インストール、(ネットでググると出てくる)ディスプレイドライバの設定変更等、試行してきましたが効果がなく、画面が固まっていました。

もうPC自体を買い替えて、固まるNVIDIAより安定したIntel HD Graphics(内蔵GPU)に移行した方がいいんじゃないかと思っていましたが、これで安定するなら数年は今のPCを使えそうです。

 

追記:検証のため夜間モードを再度オンにしてみたが、数日経っても画面が固まる障害が起きない。障害が起きないのは良いことだが、何が障害の原因なのか分からなくなってしまった。 と思ったら、夜間モードオンだとイベントID:4101の障害が再発する。やはり、夜間モードはオフにする運用に戻した。

 

PCの構成は以下のとおり。

CPU Intel Core 2 Quad Q9550s Box(LGA775, FSB 1333MHz, L2 6MB×2)
BAREBONE Shuttle SP45H7 (Intel P45 + ICH10) 
MEM PQI PC2-6400(DDR2-800) 2GB ×4
Video MSI GT 710 1GD3H LP
SSD SanDisk SDSSDA240G 240GB
HDD Western Digital WD WD20EZRX-00DC0B0  2TB
Western Digital WD Caviar SE16 WD5000AAKS-00TMA0 500GB
KB Logicool Illuminated Keyboard CZ-900
MOUSE Logicool G400s Optical Gaming Mouse
USB増設カード PCI-U2/D PCIバス用 USB2.0増設ボード 5ポート
LCD 三菱電機 Diamondcrysta WIDE RDT231WLM(BK)
三菱電機 Diamondcrysta WIDE RDT233WLX(BK)
MONITOR ARM サンコー 8軸式スウィベルデュアルモニタアーム MARMGUS21W
SPEAKER Logicool Multimedia Speakers Z150BK

しおひガールズ ボンゴレビアンコ(しがぼび)

BS-TBS「イエスタデイをうたって」の番組中に流れる、ぬるぬる動くダンスで目を引く、あのCM。
むしろ、最近ではあのCMを見るのが楽しみになってきた。
Vlcsnap2020053008h43m57s356 Vlcsnap2020053009h01m14s146 Vlcsnap2020053008h50m51s456
今だと48話が一気に見られるようになっている。
#47「井伊直弼の恋人」が割とツボった。

出演はCMでおなじみの花澤香菜以外に、茅野愛衣、井口裕香、日高里菜、久野美咲、小原好美と豪華な声優陣。
他のアニメと違って、声を張った演技が少ないので、聞き分け(ダメ絶対音感)が難しいケースが多かった。

 

トヨタ純正 T-Connectナビ NSZT-W68T にてハンズフリーで電話着信しない不具合

トヨタ純正ナビNSZT-W68Tで携帯電話の着信をしない不具合がありました。運転中にハンズフリーで電話に出られなくて何もできなかった。
初期設定時にヘルプネットでの発呼(手動保守点検)はできていたので、携帯電話とナビが正常にBluetooth接続されていると判断していましたが、着信がナビに無視されるのは盲点。
検証を進めると、一度でもナビから電話を掛けると、その後は(車両のエンジンスイッチ<パワースイッチ>をオフにするまでは)正常に着信できるようになる。
だから、運用回避策として着信がありそうな予感がしたら、車に乗り込む際にナビから117とかの無害な番号に電話を掛けておく運用にするしかない(面倒+通話料の無駄)。
なお、HOME画面の設定(取説23頁)で「電話」を登録すれば、ワンタップでHOME画面から発呼できる(取説442頁)ので、電話を掛けること自体は、さほど面倒でもない。
この発呼する電話番号は、iPadの電話番号(データSIMの020番号)でもテストしてみたが、初回のみ発呼に成功し(「お掛けになった電話番号への通話はお取り扱いできません」とのアナウンスが流れる)、2回目以降の発呼は即時に失敗する。初回で無効な電話番号だとナビに認識されると、2回目以降の同一番号への発呼がナビ側でキャンセルされる仕様になっている。相手が020番号なら通話料がかからず都合が良いのだが、面倒な仕様にしてくれたものだ。
いろいろ調べると、着信試験番号111なら通話料もかからず、ダミーの発着信として都合も良さそうだが頻繁に使うのは憚られる感じ。


本機の面倒な仕様はもう一つあって、ナビから電話を掛けると通話中画面の「ハンズフリー通話」の作動表示灯がデフォルトでオフなので、手動でオンにしてナビ側に通話転送しないといけないことだ(取説447頁)。これも車両のエンジンスイッチをオフにすると、作動表示灯もオフに戻ってしまう。運転中は携帯電話本体での通話はできないのだから、常時オンにする仕様で良いと思うのだけど。

NSZT-W68Tの仕様は、Bluetooth Specification Ver.2.0以上(Ver.3.0+EDR以上推奨)、HFP Ver.1.5(Ver.1.6以上を推奨)と取説に記載。ナビゲーションソフトウェアバージョンはVL57111C、地図更新画面(取説523頁)で表示されるナビバージョンは0002。ナビの「ACC ON時の自動接続(取説464頁)」は「する」に設定。ナビ側でBluetoothに登録してある携帯電話は(N-04A)1台のみ。
携帯電話NEC N-04Aの仕様は、Bluetooth 標準規格 Ver.2.0+EDR準拠と取説に記載(HFPについてはバージョン記述なし)。
仕様的には問題なさそう。

携帯電話を買い替えるのが、対策として手っ取り早いかも。

追記
このナビの音声操作も残念な仕様になっている。

  • T-Connect(web/パソコンサイト)で登録したGメモリをWi-Fiでナビにダウンロードしても、Gメモリの地点カナ(名称読み)がナビに転送されない。なので、ナビの音声操作で目的地のセットができない。運用回避策としてナビ側で名称読みを手入力しないといけない(二度手間だ)。なお、手入力された名称読みはWi-Fi同期しても保持される(取説487頁)。
    (2020/08/26追記:Wi-Fi同期で一部のGメモリの「名称読み」が正しく転送されることがある模様。なぜ、一部のみ反映されたのか検証不足で理由は分からない。なんだか気のせいかも?)
  • ナビで目的地を検索する際に、ナビ内蔵の地図でも施設の「名称読み」が登録されていないものが多く、音声操作で目的地のセットができない。メモリ地点に登録した上で、名称読みを手入力しないといけない。
    無料のサービスと比べてなんだけど、音声操作ならYahoo!カーナビの方がマイナーな施設でも柔軟に検索してくれて便利だぞ。このNSZT-W68Tを購入する前はYahoo!カーナビを使っていたので、カーナビを比較する際の基準になってしまっているが、このレベルでは(値段の割に)カーナビ専用機のふがいなさにがっかりしてしまう。

目的地の音声検索で、すぐに使えたのは「自宅に帰る」だけ。メモリ地点の名称読みを登録するのが激しくめんどくさい。

«椅子の張り替え修理を依頼しました(サンワダイレクト オットマン100-SNC035)


2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

広告

無料ブログはココログ

プライバシーポリシー